婚活パーティーでカップリングはゴールでなくスタート!

婚活アドバイス

婚活パーティーでカップリングはとても嬉しいですよね。
特に何度か参加してやっとカップリングした人は飛び上がって喜びたいくらいでしょう。

でも、カップリングしたからといって喜んでばかりもいられません。

なぜなら、カップリングはゴールではなくてスタート地点に立った状態なんです。

そして、連絡先を交換したのに連絡がこないなんてことも珍しくはありません。
婚活パーティーでは、第一志望の人があまりにモテていた場合は候補からはずすこともあるので、第二、第三志望の人とカップリングすることもあるので仕方ないですね。

女性は周りからモテている男性を魅力的に感じる傾向がありますが、男性は周りからモテている女性のことを諦めしてしまう傾向があります。
例えば、学校で女子が「○○さん、この前も○○に告白されてたよ~」と友達の本命男子に言うことがありますが、意外と逆効果の時も少なくなかったりします。

少し話が逸れましたが、今回はカップリング後にするべきことをお伝えします。

カップリング後にするべきこと

カップリングしたらきちんと連絡先の交換をしましょう。
LINE IDやメールアドレスだけでもいいですが、出来れば電話番号も交換しておきたいです。
電話番号ならなかなか変更することはないので、音信不通にもならないでしょう。

ただ、ほぼ初対面の人とのことなのでマナーは最優先にしてください。
相手が嫌がっているのに電話番号を聞いたりするのはNGです。

また、連絡先カードを交換していることもありますが、捨てアドレスやIDを使っていることもあるのでスマホの赤外線通信などできちんと交換することをおすすめします。

連絡先の交換が済んだら、当日中に軽い食事やお茶をしたほうがいいです。
短かったら2,3分、長くても10分程度しか話していない相手なので、その日のうちにじっくり話すことで音信不通になりにくいです。

実はカップリングはしたけど、名前や年齢すらあやふやで連絡を送りにくくなって連絡しないなんてことも少なくないです。

当日中に喫茶店などで1~2時間ほど話をするだけでも連絡がくる確率がグッとあがります。
そのため、婚活パーティーに参加するときは後の予定も空けておいたほうがいいでしょう。

また、このときにいくら気に入った相手だからといって3時間も4時間も話し込むのは良くないです。
自分と相手の温度差もありますし、1~2時間のほうがもっと会いたいと思わせることが出来ます。

ここまでうまくいって連絡もきたら、連絡やデートを何度かしてお付き合いへと進みましょう。
一般的には3度目のデートあたりで告白するのがいいと言われています。

婚活パーティーのカップリングは嬉しいことですが、そこで喜んでいるだけでは甘いです。
カップリング後にもしっかりと動いて、早く結婚相手を探すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました